unite-outline_indentを作った

LeafCage/accessories_in_Vim - GitHub*1

vimというエディターのunite.vimというプラグインの拡張です。
ファイルの中で字下げが行われた行をAとするならAより一つ前の非空行を候補に追加していきます。

01:aaaaaaaa
02:aaaaaaaa
03: bbbbbbbbbb
04:
05: bbbbbbbb
06: bbbbbbbb
07:  cccccccc
08:
09:aaaaa
10:
11: bbbbbbbb

このような文章の場合、

:Unite indexindent

2行目と6行目と9行目を候補にします。

引数を与えて実行した場合(引数は何でも構わないです)、

:Unite indexindent:aaa

インデントレベルが変わった場所の手前を候補にします。
この例だと、2行目、6行目、7行目、9行目、11行目を候補にします。


私のような俺スタイルでインデントでアウトラインを記述していくような人に最適。

(インデントレベルが変わった場所そのものを候補にするやつでも良かったかも。上記の例だと3行目と7行目と11行目。機会があったら作るかも)

*1:accessories_in_Vim / autoload / unite / sources に含まれているoutline_indent.vimというファイルです