urlを記述できるソーシャルサービスはurlを公開してほしくないサイト主のために考慮された規格を通してurlを記録できるようにすればいいんじゃないかと思った

一部の人が不快になるようなコンテンツを作っているとするだろ?
そういう人を考慮してトップページに注意勧告を出して同意した人のみお入りくださいと警告しとくだろ?
誰かが直リンはるだろ?
見た人が不快になって文句言ってくるだろ?

知らんがな
トップページから入らないやつが悪い

とは、直リンから入ってくる奴が多すぎると、言ってられなくなるだろ?


そこだよな
検索サイト除けのhtmlの記述法はあるけど、ソーシャル除けはない。

でもソーシャル除けのコードが定義されたとしたら、
サイト主はhtmlのトップにそういうコードを書いて、リダイレクト先をトップページにしておく
ソーシャルサービスはそいうコードが書かれたサイトのurlが登録されたらトップページに登録しなおすようにする。

という風な技術が、

もしも直リンをされない権利が大きく叫ばれるのなら実現されてもいいんじゃないかなとちょっと思ったんだ。