yankround.vimがunite.vimでの履歴の閲覧に対応しました。

LeafCage/yankround.vim

:Unite yankround

これでShougo/unite.vimレジスタの履歴を閲覧できます。
出来ることはunite-source-history/yankとほぼ同じです。(参考にさせていただきました。Shougoさんありがとうございます。)

kien/ctrlp.vimと比較すると、unite.vimでの閲覧は一覧性に優れています。
ctrlp.vimで履歴を一覧するには、何も入力されていない状態で、<C-j> <C-k>で1行ずつスクロールするか、<PageUp> <PageDown>というvimmerにとっては苦行に近いキーによってページスクロールするしかありませんでした。
その点、unite.vimでは通常のVimの操作でスクロールして一覧できます。

もちろん、ctrlp.vimにも利点はあります。速度はctrlp.vimが優れています。*1
インターフェイスについては好みが分かれるところですが、ご自分の使いやすいインターフェイスを選んでお使い下さい。

*1:ctrlp.vimのインターフェイスは絞り込みに特化しているので挿入したい候補が決まっているときに使うと良いでしょう。